ゲーム用語集
TOPページ >
オンラインゲーム全般で使用する用語
クローズドβ α
人数を制限して行う正式サービス前のテスト。ホームページなどで告知されるテスターに応募して、当選すれば参加できます。後のオープンβや正式サービスにはデータを引き継がないのが一般的です。

オープンβ
人数を制限せずに行う正式サービス前のテスト。人数を制限していないので誰にでも参加できます。正式サービスが始まる最終段階のテストなので、ゲームとしての完成度も正式と大差ない事が多いです。

アイテム課金
現在の主流になる課金方法。基本料金が無料の代わりに、特定のアイテムを買ったり便利な機能を使用する時に料金が発生する方式です。直接現金で支払うわけではなく、専用の通貨と交換して使用することになります。

月額課金
期間毎に決められた料金を払う課金方法です。必ずしも1ヶ月単位とは限らず、40日などの場合もあります。また3ヶ月、1年などまとめて支払うと割安になる事もあります。

クライアント
オンラインゲームで一般的に使う場合はプログラム本体のことをいいます。最近ではこれを必要としない場合もありますが、まずクライアントをダウンロードしてインストールの後に開始するものが大半です。

アカウント
個人を特定するIDとパスワードのこと。ゲームを開始する時や問い合わせのに使用します。1番初めにメールを送った時に手に入れることが出来ます。本人以外が使用する事は規約で禁じられている事が多い。

アバター
他のユーザーと交流する時の自分の分身キャラクターの事で、個性的な姿にカスタマイズできるのが魅力のシステムです。公式サイト内やブログなどで採用されていることが多いですが、ゲーム内で採用されていることも。

SS
スクリーンショットの略で、オンラインゲームの場面を写真に撮ることです。保存されたSSは専用フォルダに保存されます。

ドロップ
敵を倒した時に獲得できるアイテムの事です。

スタック
同一アイテムを一つのスペースで重ねて持てるなどの事。
キャラクターが地形に挟まって動けない状態を指す場合もあり。

NPC
プレイヤーキャラクター(PC)ではないキャラクターを指します。クエストの請負人やアイテムショップの店員など、プログラムにより設定された行動をするキャラクターです。

POT
ポーションや回復剤などのHP/MPを回復させる薬の略語です。

PT
複数人で組んで戦う事を指します。「野良PT」はその場限りで組むPTで、毎日決まったメンバーでPTを組むことを「固定PT」と言います。

ギルド
その場で組むPTとは違い、オンラインゲーム上で共通の目的を持った継続した組織です。ギルドに入ると特定の集団と常にコミュニケーションが取れるようになります。ゲームによってクランなどと呼び名が変わる場合があり、MMORPGによっては党など個別名称になる場合もあります。

PK
Player Killerの略で、自分以外のプレイヤーを攻撃して倒すことです。

PvP
プレイヤー対プレイヤーの戦闘です。国家レベルの大規模PvPはGvGと呼ばれます。

ターゲット
モンスターが狙っているプレイヤー(対象者)のことです。

ラグ
通信やサーバーの負荷によるタイムラグの略称です。突然動作が止まったりします。PvPを売りにしたMMORPGでは特に注意が必要です。

アクティブ/パッシブ
モンスターやスキルの特性に関する用語です。アクティブモンスターは攻撃を仕掛けないでも自ら攻撃して来る敵です。パッシブスキルは自動的にかかっているスキルを指します。

ルート
プレイヤーがドロップさせたアイテムなどの所有権。

キャンプ
同じ場所で留まり敵を待ち構えること。アンブッシュ。

CPU
各装置の制御やデータの計算・加工を行なう装置です。動作環境で特に見るべき項目の一つです。

メモリ
コンピュータの性能に関する部分で、動作環境を見る時の重要な項目になります。進化が早いので数年前と現在では大幅に性能が違います。

■コミュニケーション用語
(ゲーム内の会話で使うちょっと略した言葉)

あり/アリ
「ありがとう」の意味です。「おめ(おめでとう)」「よろ(よろしく)」「おつ(お疲れ様)」など、オンラインゲーム内では略して挨拶をすることが多いです。

落ち
サーバーから切断された状態になること。自ら回線を切断する場合や、回線不良になり意図せずにゲームが終了してしまった時など、あらゆる場面に使います。サーバーに負荷がかかりすぎて、ゲーム全体のプレイヤーが強制的に切断された場合には「鯖落ち(サーバー落ち)」と言います。

オン
ログオン(ログイン)している状態のこと。又はする事。

イン
ログインしている状態のこと。又はする事。

ノシ
さようならの意味でよく使います。腕を振っているAA(アスキーアート=絵文字)です。

w
笑いの意味です。元々は嘲笑など良い意味で使う言葉ではありませんでしたが、現在は普通の笑いに使用する人が多いです。あんまり多用しまくると、「内藤」と呼ばれます。


値段の前につけることが多いです。アットという呼び方から 後〜と使用する人もいます。


特に会話をせずに、他のプレイヤーに補助や攻撃を加え干渉する事。辻ヒールなどは補助系の職業の人が道端でヒールや補助魔法をくれることですが、いきなり襲い掛かってくる辻斬りは「PK」と呼ばれ忌み嫌われます。

(ry
略です。最後まで言葉を言わずに「(ry」で閉めます。定型文や突っ込みに使う事が多いかもしれません。

k
単位の略で1000の意味です。
1k 1000
10k 10,000
1M 1,000,000

noob
Newbie (初心者、素人、ヘタクソ)のような意味のスラングです。FPSで良く使う言葉で侮蔑に使用します。

ラグ死
タイムラグで死んでしまう意味です。固まっている内にやられたり、操作したはずなのに反映していなかったりします。原因は、回線不良やパソコンの不調、サーバー不良など様々ですが、PC性能が低スペックだった場合、動作不良として発生することがあります。

s
敬称「さん」を略した言葉。

■迷惑行為の用語
(他のプレイヤーに対する迷惑行為や規約に反する用語)

横殴り
見知らぬプレイヤーが戦っているモンスターに攻撃する行為。MMORPGでは、とどめを刺したプレイヤーに経験値やドロップの権利がある場合が多いので迷惑行為になります。明らかにモンスターに殺されかけてる人を助けた場合でも、文句を言われる時もあります。サービス開始時の混雑した狩場や、特定のMMORPGによっては容認されている場合もあります。

ルーター
固有プレイヤーのみがアイテムを回収できる時間(ルート権)を過ぎ、誰にでも拾える状態になったアイテムを狙い続ける人。 手段を選ばずに行うと規約違反になることもあります。

トレイン
多数のモンスターを引き回す行為。範囲攻撃ができるキャラクターによくあることですが、まとめて倒したいが為にモンスターを集めると、近くで狩りをしている他のプレイヤーを巻き込んで死なせてしまうことがあったり、モンスター不足になる場合があるので気をつけましょう。ちなみに、意図的にモンスターをトレインして、近くのプレイヤーを殺すことを「MPK」と言います。

荒らし
他のプレイヤーが不快に思う行動全般を指します。「意味の無い言葉を連続で叫んでログを流す」「不快な言葉を発言する」「通常のゲーム進行を妨げる行動」などが多いです。意図しない場合でも、広範囲にログが残るチャット方法(地域チャットや叫びなど)を使う場合は気をつけましょう。

チート
オンラインゲームのゲームシステムを改造して運営の意図しない動作をさせることです。著しくゲームバランスを壊すだけでなく、どのオンラインゲーム運営会社にも禁止されている行為なので、絶対にやめましょう。

BOT
自動でモンスターを倒したり生産作業などをする自動行動させるプログラム。チートはゲームシステム自体を改竄する行為ですが、BOTは外部プログラムです。運営会社に禁止されてる行為になります。ただし、一部のMMORPGではシステムで認められていることもあります。

MPK
ゲームのシステムに組み込まれているPK(プレイヤーを殺す)行為とは違い、モンスターの習性を利用して別のプレイヤーを攻撃する行為です。具体的にはアクティブモンスターを対象プレイヤーの近くまで連れてきて自分は逃げる事です。一般プレイヤーに嫌われる行為なので気をつけましょう。

RMT
リアルマネートレードの略です。ゲーム内の通貨や価値のあるアイテムを現金で取引する行為です。一部例外はありますが、ほとんどのオンラインゲームでは規約違反になります。ちなみに海外からの不正接続をしてきているRMT業者が非常に多く、外貨流出が大きな問題になっています

アカバン
アカウントを停止されプレイできない状態にされることです。上記の行為をした場合の運営からの罰則です。種類により停止期間は異なり、数日〜無期限まであります。垢BANともいいます。

TOPページに戻る